絵本「雨ニモマケズ Rain Won't」
Rain Won't 雨ニモマケズ
「雨ニモマケズ Rain Won't」

文・宮沢賢治
英訳・アーサー・ビナード
発行・今人舎
初版:2013.11.03
2刷:2014.02.16
日本図書館協会 選定図書
>サイト
>Amazon.jp
>hontoネットストア
>楽天ブックス
>絵本ナビ

『雨ニモマケズ Rain Won't』山村浩二原画展
甲府市立図書館展示室、2014.10.07 -19
>サイト

『雨ニモマケズ』原画展 @ 第21回東京国際ブックフェア
 終了しました。
2014.07.02 - 07.05、東京ビッグサイト 今人舎ブース
山村浩二先生サイン会 07.02(水)14:00~15:00

>サイト

■開廊30周年記念「みどりの地球展 -この惑星のゆくえ-」
 終了しました。
木ノ葉画廊(東京・神田、2014.05.12 - 24 18日休廊 、画廊サイト

『雨ニモマケズ Rain Won't』山村浩二氏原画展@金田一春彦記念図書館
 終了しました。
山梨県北杜市、2014.03.14 - 03.26
>サイト

山村浩二さん『雨ニモマケズ Rain Won't』出版記念原画展
 終了しました。
2014.02.11- 18、紀伊國屋書店新宿本店4階 紀伊國屋フォーラム
>サイト

オリオン書房 ノルテ店『Rain Won't 雨ニモマケズ』複製原画展(立川、2014.01)
 終了しました。

山村浩二さん『雨ニモマケズ Rain Won't』原画展
 終了しました。
2014.01.02 - 01.15
クレヨンハウス東京店1F 子どもの本売り場
>サイト

山村浩二絵本原画展 終了しました。
2013.10.31(木)〜11.05(火)11:00〜19:00(最終日は17:00まで)
入場無料
会場:ギャラリービブリオ
【山村浩二氏サイン会】
日時:2013年11月3日(日)
11:30~/14:30~ (各回30分)
【アーサー・ビナード氏朗読会&サイン会】
日時:2013年11月5日(火)
15:00~(15:30よりサイン会)
主催・今人舎


紹介されたメディア:
>Picture Book for peace 森野さかな(雑誌「pumpkin」2014年8月号)
『雨ニモマケズ Rain Won’t』書評「目で見る宮沢賢治の世界」久門麻耶海「季節風119号(2014年夏)
>「MOE4月号」「広松由希子のおすすめ新刊絵本」(2014.03.03)
>「英訳で読む賢治の『雨ニモマケズ』アーサー・ビナードさんが翻訳」朝日中学生ウイークリー(2014.02.23)
>「賢治の願い こめられた詩 英訳絵本で授業」朝日小学生新聞(2014.02.17)
>NHKラジオ「あさいちばん」 落合恵子の絵本の時間(2014.02.23 AM7:32~40)
>Night on the Galactic Railroad's Kenji Miyazawa Poem Illustrated, Translated(Anime News Network 2014.02.12)
>宮沢賢治「雨ニモマケズ手帳」発見80年 原画展開催(ダ・ヴィンチニュース 2014.02.07)
>Eテレ「NHK短歌」( 2014.02.02)
>「イラストレーション」2014年3月号 (2014.02)
>オリオン書房絵本グランプリ2013年12月 今月のえっへん!な絵本 『雨ニモマケズ Rain Won't』(2013.12)
>
宮沢賢治「雨ニモマケズ」の英訳絵本出版 - 朝日新聞デジタル雨ニモマケズ 心のひだ英訳 朝日新聞 朝刊:東京 2014.01.13
>賢治の詩 世界へ Rain won't stop me. 絵とともに英訳「雨ニモマケズ」(読売新聞 地域:多摩 2014.01.07)
>注目の新刊 『雨ニモマケズRain Won't』(ダ・ヴィンチ2014年1月号 2013.12.31)
>えほん よみもの 新刊『雨ニモマケズ Rain Won’t』 by クレヨンハウス・岩間建亜(東京新聞 2013.12.06)
>「胡四王」(岩手日日新聞 一面コラム 2013.11.28)
>原画展:山村浩二さんが描いた絵本出版で−−国立 /東京(毎日新聞 2013.11.05)
>宮沢賢治の詩に絵 山村浩二さんの絵本原画展 : 本よみうり堂 : YOMIURI ONLINE(読売新聞 2013.10.30)
Return to top
iPad アプリ McLAREN's Workshop
カナダ国立映画制作庁のiPadアプリ「McLAREN's WORKSHOP」のEtching on filmのサンプルのために1分29秒の新作アニメーション『five fire fish』を制作。

five fire fish ve-f1re-fish
『five fire fish』
短編アニメーション、SD、
1分29秒、2013.05、セリフなし、カナダ、日本
原・動画、監督:山村浩二

制作・カナダ国立映画制作庁(NFB)

iPadアプリ「 McLAREN's WORKSHOP」のEtching on filmを使って即興的に制作。ほとんどの動きが、偶然、マクラレンの音楽とシンクロした。


McLaren's Worshop
ノーマン・マクラレンによるアニメーション映画のクラシック51作品が無料で観れるipadアプリ「McLAREN's Workshop」がNFB(カナダ国立映画制作庁)より発売。
さらに、マクラレンに関する短編ドキュメンタリー11本も無料で公開、マクラレンの詳細なフィルモグラフィーと、自作のアニメーション映画が制作できる切り紙ワークショップもついている。

切り紙ワークショップ
切り紙ワークショップで自作のアニメーション映画を作ってみましょう。切り紙をエレメントとし、「つぐみ- 小鳥のファンタジー」で使用されたマクラレンによるオリジナルの背景を使います。(無料)

スクラッチ・オン・フィルム・ワークショップ
スクラッチ・オン・フィルム・ワークショップでは、フィルムのフレームに直接傷をつけたり、絵を描いたり、自由な画像をペイントしたりすることができます。これは、マクラレンが「線と色の即興詩」や「過去のつまらぬ気がかり」などの映画で用して有名になったテクニックです。(250円)

シンセティック・サウンド・ワークショップ
このワークショップでは、数多くの賞を受賞した活気溢れる作品「シンクロミー」でマクラレンが行なったシンセティックサウンドの実験、すなわち、フィルムのサウンドトラック部分に直接線を描くことによって音楽を作成する、という実験を自ら試してみることができます。(250円)

マクラレン・ワークショップは、iOS 5.1 あるいはそれ以降が必要です。
iPad 1でも実行できますが、同アプリの機能を完全に楽しんでいただくにはiPad 2を推奨します。
主な機能
-ノーマン・マクラレンによる51作品を視聴。
-ノーマン・マクラレンとその作品についての短編ドキュメンタリー11本を視聴。
-あとで観る – 最高48時間まで映画を保存してオフラインで視聴。
-アニメーションを自作できる切り紙ワークショップ。
-映画のフレームに直接絵を描けるスクラッチ・オン・フィルム・ワークショップ。
-映像と音声を作るシンセティック・サウンド・ワークショップ。
-マクラレンの作品に関するドン・マクウィリアムズの寄稿(当アプリ独占掲載)を読む。
-画像入りのマクラレンの詳細な伝記を閲覧。

McLaren's Workshop

>アプリ トレーラー
> iTunes App Store


VimeoにてすべてのMcLAREN's WORKSHOPサンプルムービーが視聴できます。
サンプル制作には山村浩二の他に、ドン・ハーツフェルト、デイヴィッド・オライリー、レジーナ・ペソア、パトリック・ドヨン、ルノー・アリーが参加。
>National Film Board of Canada's Videos on Vimeo

>"five fire fish" on Vimeo
Return to top
BBC "What if?" 未来のビジョン
“What if…” competition of the BBC

イギリスBBCが、未来のビジョンのコンペティション“What if?”を開催。
未来のビジョンを共有するために、世界中から6名のアーティストが作品を制作。
山村浩二もその一人としてアートワークを制作
>What if?(English)
>Arabic
>French
>Portuguese
>Russian
>Spanish
>Somali
>Swahili
>Ukrainian
>Vietnamese
>Persian Service

Return to top
DVD「Franz Kafka's A Country Doctor & Other Fantastic Films by Koji Yamamura」韓国語版発売
Franz Kafka's A Country Doctor & Other Fantastic Films by Koji Yamamura

Franz Kafka's A Country Doctor & Other Fantastic Films by Koji Yamamura
야마무라 코지 단편 애니메이션 한정판 컬렉션

(2discs/region3)
2012.11.30、Mirage Entertainment
『カフカ 田舎医者』『こどもの形而上学』『頭山』を含む全15作品収録
韓国国内のみの販売
Return to top
フランスで子ども向け作品DVD化
La boîte à malice

「La boîte à malice(トリックの箱)」
と題して『おうち』『サンドイッチ』『あめのひ』『キップリングJr.』『どっちにする?』5作品収録のDVDがフランスで発売。
発行:les films du préau > La boîte à malice 2012.08.21)
>Amazon.fr


文化映画教育のための100の短編映画に『頭山』
GRUNDKURS FILM 3 KURZFILME!「

GRUNDKURS FILM 3 KURZFILME!

VISION KINO、ドイツ短編映画協会(AG Kurzfilm)、そしてフライブルグ教育大学の主導の元に、「文化映画教育のための100の短編映画(100 Short Films for Cultural Film Education)」がリスト化され、『頭山』が日本作品として唯一ラインナップされた
「基礎コース映画3-短編!(Basic Course Film 3 - Shorts!)」として3枚のDVDが今年の秋ドイツで発行。

>AG Kurzfilm >100 Short Films for Cultural Film Education

>Schroedel
>Amazon.de



Top to this page
『断食〜danjiki〜』のポスター
断色ポスター
ヴィレッヂ・プロデュース2013「断色~danjiki~」
作:青木 豪、演出:いのうえひでのり
出演:堤 真一・麻生久美子・田中哲司
2013.06.14〜07.07
会場:青山円形劇場
ポスター、チラシのイラストを山村浩二が描きました。
>公式サイト
Top to this page
第30回川喜多賞

第30回(2012年度)川喜多賞を山村浩二が受賞することとなりました。
関係者各位に深く感謝申し上げます。

業績ならびに受賞理由:
 アニメーションの独自性を一貫して追求、2002年『頭山』でアヌシー、ザグレブ、広島、2007年でオタワ、広島と世界4大アニメーション映画祭でのグランプリ受賞、2011年『マイブリッジの糸』ではカナダ国立映画制作庁(NFB)との共同制作などで、世界的な注目となっているアニメーション作家。
手描き、クレイ、写真によるイマジネーションの視覚化、セリフやナレーションに浪曲や狂言を導入した意表をつくテクニック、デリケートでユーモラス、シャープで斬新でありながら、観客の心を打つ表現が高く評価される。
 そのアニメーションへの徹底した献身は驚異的で、国際映画祭の審査員、国内外での講演、海外作家との交流や紹介、テレビ番組やCM制作、絵本画家、イラストレーターとしての多彩な業績も注目を呼ぶ。東京藝術大学大学院映像研究科教授、東京造形大学客員教授。
 この功労、ご努力に対し、敬愛をこめ、かつ一層のご活躍を期待して、業績に第30回「川喜多賞」をお送り申し上げます。

贈賞式は、2012年7月27日(金)に、東京會舘にて行われます。

>公益財団法人川喜多記念映画文化財団
>川喜多賞
>第30回川喜多賞:山村浩二
>規定・選考基準
>これまでの受賞者一覧


ニュース
>中日新聞 夕刊 アニメ作家の 山村監督に川喜多賞 [2012.07.06]
>Cimema Topics Online [2012.07.07]
>アニメ!アニメ! [真狩祐志、2012.07.07]
>Anime News Network [Source: Anime!Anime!、2012.07.08]
>Japan Anime News [真狩祐志、2012.07.09]
>毎日jp(毎日新聞)川喜多賞:アニメーション作家・山村浩二が受賞 [2012.07.11]
>読売新聞 夕刊 川喜多賞にアニメーションの山村浩二 [2012.07.13]

>朝日新聞 朝刊、朝日新聞デジタル:<黒板> 第30回川喜多賞 [2012.07.30]

『授業』のポスター
授業 ポスター
仲代特別講演『授業』
(原作:ユージェーヌ・イヨネスコ、翻訳:丹野郁弓、演出:林清人、出演:仲代達矢、山本雅子、西村知佐、2013.02.02 - 03.23、仲代劇堂 )
ポスター、チラシのイラストを山村浩二が描きました。
>無名塾サイト
オタワ国際アニメーション映画祭のポスター
ottawa international Film festival 2012 poster
今年の「オタワ国際アニメーション映画祭2012」ポスターを山村浩二が描きました。
「オタワ2012のポスターを描くことは大変名誉と感じています。このイメージは『マイブリッジの糸』で使用しなかった「時間の無限分割を考えているゼノンの創作」というアイデアスケッチが元になっています。」(山村浩二)

>映画祭サイト
"TAKESHI Art Beat" オープニングタイトル
TAKESHI Art Beat



NHK Worldで2012年4月より放送される英語版 "TAKESHI Art Beat"のオープニングタイトルを制作。
「たけしアート☆ビート」の公式サイトでタイトル映像が視聴できます。
(26秒、 2012)
>たけしアート☆ビート
>NHK World
妖怪一家 九十九さん
『妖怪一家 九十九さん』
富安陽子・作/山村浩二・絵/理論社
初版2012.1.22
2刷:2012.6.22
巨大団地に、人間たちに混じって、こっそり団地生活を始めた妖怪一家。お父さんはヌラリヒョン、お母さんは、ろくろっ首、子どもたちは、サトリにアマノジャクに一つ目小僧。
最も大切なルールは、「ご近所さんを食べないこと」。
>Amazon

 
マイブリッジの糸/山村浩二とNFB作品
マイブリッジの糸/山村浩二とNFB作品

■「マイブリッジの糸/山村浩二とNFB作品」
SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ(埼玉、2012.06.02 - 07.22、公式サイト

●『マイブリッジの糸』原画
●作品上映:『カロとピヨブプト-あめのひ』『キッズキャッスル』『頭山』『年をとった鰐』『Fig(無花果)』『こどもの形而上学』『マイブリッジの糸』『鶴下絵和歌巻』/『東京/モントリール』
NFB作品 『カノン』『心象風景』『ビーズゲーム』『技』『ワイルド ライフ』
●山村浩二ギャライリートーク 2012.06.30

 
こどもの形而上学
  
(C)Yamamura Animation

新作短編アニメーション「こどもの形而上学」
(35mm/ビスタ/ドルビーデジタル/5分8秒/2007)
監督、脚本、アニメーション:山村浩二
音楽:セルゲイ・プロコフィエフ/編曲:冷水ひとみ
サウンドデザイン:笠松広司
製作:ヤマムラアニメーション
芸術文化振興基金助成作品

モンストラ・リスボンアニメーション映画祭
ONDA CURTA賞

飛騨国際メルヘンアニメーション映像祭
審査員特別
文化庁メディア芸術祭
優秀賞
国際コンペティション第7回アニフェスト(チェコ)/オタワ国際アニメーション映画祭/国際アニメーション映画祭 アニマドリッド/ライプチヒ国際ドキュメンタリー・アニメーション映画際/アニメーションフィルムフェスティバル・アニメーテッド・ドリーム/ニューヨーク国際児童映画祭 /ルッカアニメーション2009 /
パノラマ入選:第12回ソウル国際漫画・アニメーション映画祭 SICAF2008(韓国)/第18回ザグレブ国際アニメーションフェスティバル ANIFEST2008/アヌシー 2008/アニマムンディ2008/
正式招待上映:第20回東京国際映画祭(日本)/アニメーション・ネーション(シンガポール)/国際アニメーション映画祭 アニログ(ハンガリー)/国際アニメーション映画祭 アニマテカ(スロヴェニア)/第31回ヨーテボリ国際映画祭(スウェーデン)/第21回カタロニア国際アニメーション展 アニマック2008(スペイン)第19回アンカラ国際映画祭(トルコ)/第12回広島国際アニメーションフェスティバル/The festival Curta Santos(ブラジル)/第52回ロンドン国際映画祭/ Les Sommets du cinema d'animation/MILAN Digital Entertainment Jam 2009(DEJ)/Futuresonic/第12回文化庁メディア芸術祭「アニメーション部門」作品上映/

フェスティバル・スケジュール
■第20回東京国際映画祭(日本/正式招待上映)10/20>公式サイト ワールド・プレミア
■ブダペスト国際アニメーション映画祭 アニログ(ハンガリー/回顧上映)11/29~12/2>公式サイト
■第4回国際アニメーション映画祭 アニマテカ(スロヴェニア/回顧上映)12/3~9>公式サイト
■第31回ヨーテボリ国際映画祭(スウェーデン/回顧上映)2008/1/25~2/4>公式サイト
■第21回カタロニア国際アニメーション展 アニマック2008(スペイン/回顧上映)2/28〜3/3>公式サイト
■第19回アンカラ国際映画祭(トルコ/回顧上映)3/13~23>公式サイト
■第7回アニフェスト(チェコ/国際コンペティション入選)5/7~13>公式サイト
■第7回モンストラ・リスボン・アニメーション映画祭(ポルトガル/国際コンペティション入選)5/8~18>公式サイト
■第12回ソウル国際カートゥーン・アンド・アニメーションフェスティバル SICAF2008(韓国/パノラマ入選)5/21~25>公式サイト
■第18回ザグレブ国際アニメーションフェスティバル ANIFEST2008(クロアチア/パノラマ入選)5/31~6/5>公式サイト
■アヌシー 2008(フランス/パノラマ入選)6/9~14>公式サイト
■アニマムンディ2008(ブラジル/Curta Metragem/Short Film program)リオデジャネイロ7/11~20、サンパウロ7/23~27>公式サイト
■第12回広島国際アニメーションフェスティバル(正式招待上映)8/7〜11>公式サイト
The festival Curta Santos(ブラジル/正式招待上映)9/15〜20 >公式サイト
■オタワ国際アニメーション映画祭(カナダ/国際コンペティション入選)9/17〜9/21>公式サイト
■アニマドリード マドリード国際アニメーション映画祭(スペイン/国際コンペティション入選)9/26〜10/3 >公式サイト
■第52回ロンドン国際映画祭(イギリス/正式招待上映)10/15〜30 >公式サイト
■ライプチヒ国際ドキュメンタリー・アニメーション映画際(ドイツ/国際コンペティション入選)10/27〜11/2>公式サイト
■アニメーションフィルムフェスティバル・アニメーテッド・ドリーム(エストニア/国際コンペティション入選)11/19〜11/23>公式サイト
■飛騨国際メルヘンアニメーション映像祭(国際コンペティション入選)12/6>公式サイト
■クレルモンフェラン国際短編映画祭(フランス/ラボ・コンペティション入選)2009.1/30〜2/7> 公式サイト
■第12回文化庁メディア芸術祭(新国立美術館/展示)2/4〜15>公式サイト
■ニューヨーク国際児童映画祭 (アメリカ/国際コンペティション入選)2009.2/27〜3/15> 公式サイト
■ルッカアニメーション2009 (イタリア/国際コンペティション入選)2009.3/18〜22> 公式サイト
■MILAN Digital Entertainment Jam 2009(DEJ)(イタリア・ミラノ、 ダ・ヴィンチ国立科学博物館/正式招待上映)2009.4/22〜27
■Futuresonic(イギリス・マンチェスター各所/正式招待上映)2009.5/13〜16>公式サイト
■第12回文化庁メディア芸術祭「アニメーション部門」作品上映(長崎県美術館 ホール ギャラリー棟2階/正式招待上映)2009.5/5
■第31回モスクワ国際映画祭公式プログラム【第10回メディアフォーラム】(ロシア・モスクワ “October”、“Hudozhestvenny”映画館、Sh’usev建築博物館など )2009.6/20〜24>公式サイト
■SICAF2009Seoul International cartoon and Animation Festival (韓国・ソウル Coexモール )2009.7/22〜26>公式サイト
■第10回ジャパン・エキスポ(フランス・パリ ノールヴィルパント展示会会場 )2009.7/2〜5>公式サイト
■アジアのアニメーション上映特集(香港アートセンター )2009.10/7〜30>公式サイト
■International Animated Film Festival « Cinématou »(スシス/国際コンペティション"Jury Jeune Public" 入選)2009.10/3〜11> 公式サイト
ADPEP 63 (The 63th French County Association of Children in care of the Public Education Department)より、 子どもの権利に関するフィルム6本に選ばれる

Biennial of Animation Bratislava

08.10.21


ブラチスラヴァ・アニメーション・ビエンナーレ
Biennial of Animation Bratislava
International Festival of Animated Films for Children
山村浩二作品の回顧上映4プログラムとパネル展示、講演。

展覧会: FRAGMENTS & FLOWS
会場:Academy of Performing Arts Bratislava Film and Television Faculty 10/14~18
会期:2008年10月14日〜10月18日
場所:スロバキア
主催:International House of Art for Children

ブラチスラヴァ・アニメーション・ビエンナーレ
アルビーン・ブルノフスキー名誉メダル
山村浩二にブラチスラヴァ・アニメーション・ビエンナーレよりアルビーン・ブルノフスキー名誉メダル(ALBÍN BRUNOVSKÝ HONORARY MEDAL: Award for outstanding contribution to the field of animation)が授与されました。
(これまでの受賞者:特偉、ジャン = フランソワ・ラギオニ、ヤン・シュバンクマイエル、ユーリ・ノルシュテイン、ジョルジュ・シュヴィツゲベル、ピョートル・ドゥマラ、ポール・ドリエセン他)
アニメーションズ

昨年8月に結成したアニメーションの創作と評論のグループ、Animationsの公式サイトが正式に公開となります。
まだコンテンツは少ないですが、この会の活動がアニメーション界の活性化とアニメーションの啓蒙に貢献できる事を願って、メンバー7名日々勉強と研究、制作に勤しんでいきます。
公式サイト:www.animations-cc.net

カフカ 田舎医者


カフカ 田舎医者
35 mm/ビスタ/ドルビーデジタル/21分/2007
製作・配給:松竹/制作:ヤマムラアニメーション/宣伝:スローラーナー
声の出演 医者:茂山千作/医者の心の声一:茂山 茂/医者の心の声二:茂山童司/
馬子:茂山七五三/少年:茂山逸平/ローザ:金原ひとみ
原作:フランツ・カフカ/監督、脚本:山村浩二
音楽:冷水ひとみ/サウンドデザイン:笠松広司/プロデューサー:瀬戸麻理子・寺西 史
オタワ国際アニメーション映画祭
グランプリ
アニマドリード・マドリード国際アニメーション映画
グランプリ
Etiuda&Anima 国際映画祭
金のジャバウォック
イ・カステリ・アニマティ
グランプリ
シュトゥットガルト国際アニメーション映画祭
グランプリ
モンストラ・リスボンアニメーション映画祭
グランプリ
広島国際アニメーションフェスティバル
グランプリ
クロク国際アニメーション映画祭
最優秀賞
アニフェスト・トシェボニュ
最優秀短編アニメーション賞
ライプチヒ国際ドキュメンタリー・アニメーション映画際
銀のハト
セルビア アニマニマ国際アニメーション映画祭
銀の
ベグバー
文化庁メディア芸術祭
優秀賞
毎日映画コンクール
大藤信郎賞
第81回キネマ旬報ベスト・テン 文化映画 7位
第20回東京国際映画祭 animecs TIFF2007オープニング作品

>カフカ 田舎医者 公式サイト

>
レビュー AnimationsAsifa Magazine (英/仏) by 土居伸彰

これまでの興行:
シネカノン有楽町2丁目(東京)
11/17(土)〜12/14(金)まで
 9:45よりモーニング、21:45よりレイトショー
12/15(土)〜21(金)  22:00よりレイトショー
12/22(土)~ 21:30よりレイトショー 2/1(金)
※12/31(土)〜1/3(木)は休映

京都みなみ会館(京都)
1/5(土)〜2/1(金)

梅田ガーデンシネマ(大阪)
12/15(土)〜21(金) レイトのみ20:35(終21:35)
12/22(土)〜28(金) 10:00 / 21:00
12/29(土)〜'08/1/4(金) モーニングのみ10:00
※'08/1/1は休館日

シネカノン神戸(兵庫)
12/22(土)〜1/11(金)

シアターキノ(北海道)
1/19(土)〜1/25(金) 17:35/21:40
1/26(土)〜2/1(金) 19:35
2/2(土)〜2/8(金) 17:15

伏見ミリオン座(名古屋)
2/2(土)〜2/8(金) 13:45/18:40
2/9(土)〜2/22(金) 20:40

シネ・リーブル博多(福岡)
3/1(土)〜3/14(金)

Denkikan(熊本)
3/8(土)〜3/14(金)

下高井戸シネマ(東京)
3/17(月)〜3/22(金) 21:30

大分シネマ5(大分)
3/22(土)〜3/28(金)

広島サロンシネマ
(広島)
3/22(土)〜4/4(金)

シネマ・ジャック&ベティ(横浜)
3/29(土)〜4/11(金)

TOHOシネマズ 川崎(川崎)

3/29(土)〜4/11(金)

佐賀シアターシエマ(佐賀)
4/12(土)〜4/18(金)

岡山シネマクレール丸の内(岡山)
4/19(土)〜5/2(金)

滋賀会館シネマホール(滋賀)
4/29(火)〜5/6(火)

下高井戸シネマ(東京)モーニング
5/10(土)〜5/16(金) AM10:15
DVD カフカ 田舎医者
映画「カフカ田舎医者」が、DVDで発売中。

販売元:松竹
発売日::2008/05/30
時間:21 分
税込:3,150円
特典内容:カフカをめぐるトークショー(山村浩二×池内紀)、アートギャラリー(コンテ集)、オリジナル・グリーティングカード、特製リーフレット、山村監督描き下ろしを使用した地球にやさしいペーパーケース仕様(初回のみ)
DVD カフカ 田舎医者[Amazon]

BOOK カフカ 田舎医者
映画「カフカ田舎医者」が、絵本スタイルの単行本になりました。

文・絵:山村浩二
発行:プチグラパブリッシング
定価:2,000円+税
オールカラー、64ページ
発売日:2007/11/22
カフカ 田舎医者[Amazon]



フェスティバル・スケジュール
■カンヌ国際映画祭マーケット上映
 5/17 21:30 @ Palais E 、5/20 12:30 @ Gray 2 、5/21 21:00 @ Palais D >公式サイト
■アヌシー2007(フランス/国際コンペティション入選) 6/11~16 >Official Selection Short Films >公式サイト ワールド・プレミア
■山村浩二講演と上映(ロシア/会場:映画館 Fitil)6/13
■カルロヴィ・ヴァリ映画祭(チェコ/Another View: 正式招待上映)
 7/6 14:00@Theatre Karlovy Vary、7/7 11:30@Cinema C - Thermal>公式サイト
■メルボルン国際映画祭(オーストラリア/国際コンペティション入選)7/25~8/12>公式サイト
■ロードアイランド国際映画祭(アメリカ/国際コンペティション入選)8/7~8/12>公式サイト
■国際アニメーション映画祭 ファントーシュ2007(スイス/World Wide Hits 公式セレクション)9/11-16 >公式サイト
■オタワ国際アニメーション映画祭(カナダ/国際コンペティション入選)9/19~9/23>公式サイト
■クロク国際アニメーション映画祭(ロシア/国際コンペティション入選)9/25~10/6>公式サイト
■アニマドリード・マドリード国際アニメーション映画祭(スペイン/国際コンペティション入選)9/28〜10/6 >公式サイト
■第45回ニューヨーク国際映画祭 (アメリカ/国際コンペティション入選)9/28~10/14>公式サイト
■日本の10月フェスティバル(イタリア/正式招待上映)10/1~10/31
■シッチェス カタロニア国際映画祭(スペイン/国際コンペティション入選)10/4~10/14>公式サイト
■モントリオール国際映画祭 Nouveau Cinema(カナダ/国際コンペティション入選)10/10~10/21>公式サイト
■ヴィースバーデン国際ウィークエンド・アニメーション(ドイツ/正式招待上映)10/10~10/21>公式サイト
■第20回東京国際映画祭(日本/正式招待上映)10/20>公式サイト ジャパン・プレミア
■リオ・デ・ジャネイロの国際短編映画祭 Curta Cinema 2007(ブラジル/国際コンペティション入選)10/26~11/04>公式サイト
■ライプチヒ国際ドキュメンタリー・アニメーション映画際(ドイツ/国際コンペティション入選)10/29〜11/4>公式サイト
■FREDRIKSTAD ANIMATION FESTIVAL(ノルウェー/正式招待上映)11/7~11/11>公式サイト
■Waterloo Festival for Animated Cinema(カナダ/正式招待上映)11/15~18>公式サイト
■国際映画祭 Etiuda&Anima 2007(ポーランド/国際コンペティション入選)11/16~11/22>公式サイト
■Les Sommets du cinema d'animation(カナダ/正式招待上映)11/17〜18、11/23〜24>関連サイト
■アニメーション・ネーション(シンガポール/回顧上映)11/20~27>公式サイト
■第9回アニメーテッド・ドリーム(エストニア/国際コンペティション入選)11/21~25>公式サイト
■イ・カステリ・アニマティ(イタリア/国際コンペティション入選) 11/28~12/2 >公式サイト
■ブダペスト国際アニメーション映画祭 アニログ(ハンガリー/回顧上映)11/29~12/2>公式サイト
■第4回国際アニメーション映画祭 アニマテカ(スロヴェニア/回顧上映)12/3~9>公式サイト
■第31回ヨーテボリ国際映画祭(スウェーデン/回顧上映)2008/1/25~2/4>公式サイト
■クレルモン・フェラン短編映画祭(フランス/国際コンペティション入選)2008/2/1~2/9>公式サイト
■アニマ 2008(ベルギー/国際コンペティション入選)2008/2/1~2/9>公式サイト
■第11回文化庁メディア芸術祭(新国立美術館/展示、シンポジウム)2/6~17>公式サイト
■第21回カタロニア国際アニメーション展 アニマック2008(スペイン/回顧上映)2/28〜3/3>公式サイト
■第19回アンカラ国際映画祭(トルコ/回顧上映)3/13~23>公式サイト
■第15回シュトゥットガルト・トリックフィルム国際映画祭(ドイツ/国際コンペティション入選)5/1〜6>公式サイト
■第7回アニフェスト(チェコ/国際コンペティション入選)5/7~13>公式サイト
■第7回モンストラ・リスボンアニメーション映画祭(ポルトガル/国際コンペティション入選)5/8〜18>公式サイト
■すかがわ国際短編映画祭(日本/正式招待上映)5/10〜11>公式サイト
■アニマムンディ2008(ブラジル/Curta Metragem/Short Film program)リオデジャネイロ7/11~20、サンパウロ7/23~27>公式サイト
■第12回広島国際アニメーションフェスティバル(国際コンペティション入選)8/7〜11>公式サイト
■アニマニマ国際アニメーション映画祭(セルビア/国際コンペティション入選) 9/10〜13>公式サイト
■The 10th Annual The Animation Show of Shows Volume 18(アメリカ)
南カリフォルニア会場:10/13 ドリームワークスアニメーション
イーストコースト会場:10/15 サバンナ・カレッジ・オブ・アート・アンド・ デザイン、10/16 ロチェスター工科大学、10/17 Mass Art, Shcool of the Museum of Fine Arts, ハーバード大学、10/18 ロードアイランド・スクール・オブ・デザイン, ブラウン大学、10/20 ブルー スカイ, ASIFAニューヨーク, NYU, SVA, Pratt Institute Manhattan Center, Parsons
パシフィック・ノースウエスト会場:10/22 Electronic Arts、10/23 Emily Carr Institute of Design、10/25 ASIFAシアトル、10/26 ASIFAポートランド
ベイエリア会場:10/27 PDI, ドリームワークス, Electronic Arts, インダストリアル・ライト&マジック, ASIFAサンフランシスコ、10/28 ピクサー、10/29 Imagemovers Digital, Electronic Arts, Tippett Studios
南カリフォルニア会場:10/30 ASIFAハリウッド、11/3 ソニーアニメーション、11/5 ディズニーアニメーション
■第27回ウプサラ国際短編映画祭(スウェーデン/国際コンペティション入選) 10/20〜26>公式サイト
オランダアニメーション映画祭(オランダ/国際コンペティション入選) 11/5〜9>公式サイト
  
(C)Yamamura Animation/SHOCHIKU

年をとった鰐 &山村浩二セレクト・アニメーション
 渋谷ユーロスペース:8月5日~9月15日(終了)
 広島・横川シネマ:8月19日~9月1日(終了)
 名古屋シネマテーク:9月16日(土)〜29日(終了)
 
梅田ガーデンシネマ 10月14日(土)〜27日(終了)
 札幌 シアターキノ 10月28日(土)〜11月3日(終了)
 京都みなみ会館:11月4日(土)〜17日(終了)
 神戸アートビレッジセンター:11月25日(土)〜12月8日(終了)
 沖縄 桜坂劇場:12月16〜22日(終了)

 ワニの恋は、苦い涙になりましました。

>>予告編(QuickTime 3551KB)
>>「年をとった鰐」公式ブログ
 
配給:ジェネオン エンタテインメント+ヤマムラアニメーション+スローラーナー
上映作品:
『ビーズゲーム』('77年/6分/カナダ)監督:イシュ・パテル
『アリの冒険』('83年/10分/ロシア)監督:エドゥアールド・ナザーロフ
『色彩幻想』('49年/8分/カナダ)監督:ノーマン・マクラレン、イブリン・ランバート
『スワンプ』('91年/11分/ドイツ)監督:ギル・アルカベッツ
『リボルバー』('93年/8分/スウェーデン)監督:ジョナス・オデル、スティグ・バクベスト、ラース・オルソン、マッティ・エクストランド
『フランクフィルム』('73年/9分/アメリカ)監督:フランク・モリス
『おとぎ話』('84年/10分/エストニア)監督:プリート・パルン

『年をとった鰐』('05年/13分/日本)監督:山村浩二
DATA

The Old Crocodile(年をとった鰐)
2005/35mm/ドルビーデジタル/13'00"
演出、脚本、アニメーション、編集、製作:山村浩二
語り:ピーター・バラカン
原作:レオポルド・ショヴォー『年をとったワニの話』(福音館書店/出口裕弘 訳)
 ■年をとったワニの話―ショヴォー氏とルノー君のお話集〈1〉[Amazon]

 レオポルド・ショヴォー『年をとったワニの話』の忠実なアニメーション化。世界情勢が渾沌とする現代、ショヴォー独特の皮肉が、愛と権力の問題を鋭く切り裂く。ショヴォーの原画と同様、ほとんど線とベタ面だけのモノトーンの映像は、シンプルかつストイック。
 アカデミー賞ノミネート作家、山村浩二によるハイクオリティーな演出とアニメーション、ピーター・バラカンの温かく、かつクールなナレーションによって、ある時は笑い、ある時は涙を誘い、複雑な心情を描き出し、何度でも見たくなる、息の長い作品に仕上がっている。

◆ ここには人生の孤独に関する、ありとあらゆることが記されている。これ1本さえあれば、もう哲学書などすべて破棄してもいいほどだ。(相田冬二「invitation」9月号)
◆ 「年をとった鰐」の流れるような芝居とカメラワークは、ヤマムラスタイルのスタンダードに達している。そして、13分はあっと言う間で短く感じる。(by Taylor Jessen, Animation World Network, April 2005, USA) >>レビュー全文
◆話の先が分かりきったハリウッド産のアニメーション作品ばかりで食傷気味になったら、山村浩二の手書き作品「年をとった鰐」を見て治すといい。(by Chiris Grove, Animation Magazine, July 2005, USA)
◆淡々とした鰐の姿にいつしか引き込まれていく作品。(「ピクトアップ」OCT+NOV 2005 Japan)
◆山村浩二の最新作『年をとった鰐』には、アニメーションの持つそんなプリミティブな魅力が──繊細な技術力に裏 打ちされて──漲っている。(深川壱之「Esquire」Web Must See 2005 Japan) >>レビュー全文
◆「心にのこる一冊」(年をとったワニの話/山村浩二)>>こどもの本 on the Web

グランプリ:飛騨国際メルヘンアニメーション映像祭
グランプリ:第3回ビリニュス国際アニメーション映画祭-Tindirindis(リトアニア)
優秀賞:
平成17年度[第9回]文化庁メディア芸術祭(アニメーション部門)
優秀賞:第11回広島国際アニメーションフェスティバル
部門B最優秀賞(Prize for the Best Film in Category B )シンアニマ2005(ポルトガル)
人生の鋭い観察賞(Diploma for its sharp observations of life)Festival BIMINI(ラトビア)
最優秀脚本賞(Award for best screenplay)第6回ヴィッセンブール・アニメーション映画祭(フランス)
国際コンペティション入選
アヌシー2005(フランス)/第3回国際短編映画祭-Tabor映画祭(クロアチア)/アニマ ムンディ 2005(ブラジル)/第54回メルボルン国際映画祭(オーストラリア)/ロンドン国際アニメーション映画祭(イギリス)/アルス エレクトロニカ フェスティバル(オーストリア)/ファントーシュ(スイス)/リバー フェスティバル(スペイン)/オタワ国際アニメーションフェスティバル(カナダ)/第12回クロク国際アニメーション映画祭(ウクライナ)/第48回ライプチヒ国際ドキュメンタリー・アニメーション映画祭(ドイツ)/L'ALTERNATIVA 2005 第12回バルセロナ・インディペンデント映画祭(スペイン)/CineEco2005(ポルトガル)/第12回国際映画祭 ETIUDA&ANIMA 2005(ポーランド)/バダロナ国際映画祭(FILMETS)(スペイン)/アニメーテッド・ドリーム(エストニア)/FIKE 2005 エボラ国際短編映画祭(ポルトガル)/第12回国際短編映画祭"Scrittura e Immagine"(イタリア)/イ・カステリ アニマティ(イタリア)/Les Nuits Magiques 第15回国際アニメーション映画祭(フランス)/Future Film Festival 2006(イタリア)/Anima 2006(ベルギー)/L' Elephant d' [festival Travelling Junior](フランス)/フィラデルフィア国際映画祭(アメリカ)/ブリュッセル短編映画祭(ベルギー)/アニフェスト2006 トシェボンヌ(チェコ)/Media Wave(ハンガリー)/イソラ映画祭(スロバキア)/ザグレブ国際アニメーション映画祭(クロアチア)/第4回サンシー児童映画祭(フランス)/第5回シルエット短編映画祭(フランス)/スロバキア・アート・フィルム・フェスティバル(スロバキア)/
招待上映
ワールド・プレミア:「World of Yamamura Animation」(ニューヨーク)
「World of Yamamura Animation」at Anime Explosion!(ワシントン)/ドレスデン国際アニメーション&短編映画祭(ドイツ)/第3回台湾国際アニメーション映画祭(台湾)/第3回アニフェス2005トシェボニュ(チェコ)/上海国際アニメーション映画祭(SIAF 2005)/2005ANIMEE(フランス)/第3回トロント日本短編映画祭2005(カナダ)/Festival Image par image(フランス)/国際アニメーション映画祭アニマック2006(スペイン)/L' Elephant d' (festival Travelling Junior)(フランス)/一日フェスティバル(フランス)/ドレスデン国際短編映画祭(ドイツ)/Media Wave(ハンガリー)/第13回シュトゥットガルト国際アニメーション映画祭(ドイツ)/ハーバード大学ナント三大陸映画祭(フランス)/FREDRIKSTAD ANIMATION FESTIVAL(ノルウェー)
Les Sommets du cinema d’animation(カナダ)年間ベスト・アニメーション・プログラムに選ばれました。

■NAFF2007(クロアチア、国際コンペティション入選)>公式サイト

DVD「年をとった鰐」&山村浩二セレクトアニメーション

BOOK 年をとった鰐

発売日:2006/12/22
発売元:ジェネオン エンタテインメント
価格:税抜4200円 税込4410円
仕様:片面1層・本編75分+映像特典(劇場予告・セレクト作品についての山村浩二コメント映像)
製品番号:GNBA-1140

2006年8月6日から渋谷ユーロスペースで劇場公開された山村浩二の最新作「年をとった鰐」および山村浩二が海外各国から選んだ作品7編を集めたプログラムをDVD化。
「年をとった鰐」は、フランスの童話作家レオポルド・ショヴォーの作品。山村浩二が長年の構想の後に遂に映像化。シンプルな線によるストイックな映像と、ピーター・バラカンの味のある語りとともに、やさしく、切なく描き出しました。子どもから大人まで楽しめる寓話性に富んだ、ほろ苦い涙を誘う切ない物語。
また、山村浩二が海外各国から選んだ、多様な素材とユニークなアイデアで独自の世界を創り出す多彩なアニメーション作品が集結。
劇場予告のほか、一部の劇場ロビーでモニター上映された、山村浩二が各セレクト作品のみどころなどを語るコメント映像も収録。
収録作品:フランク・フィルム フランク・モリス (アメリカ)ビーズ・ゲーム イシュ・パテル(カナダ)リボルバー ジョナス・オデル/スティグ・バクベスト/ラース・オルソン/マッティ・エクストランド(スウェーデン)スワンプ ギル・アルカベッツ(ドイツ)色彩幻想 ノーマン・マクラレン/イブリン・ランバート(カナダ)アリの冒険 エドゥアールド・ナザーロフ(ロシア)おとぎ話 プリート・パルン (エストニア)年をとった鰐 山村浩二 (日本)
DVD「年をとった鰐」&山村浩二セレクトアニメーション[Amazon]

アニメーション映画「年をとった鰐」が絵本になりました。大人のプレゼントにも最適なシックな絵本に仕上がったので、一度ご覧ください。
原作:レオポルド・ショヴォー/文、絵:山村 浩二
発行:プチグラパブリッシング/定価¥2,415(税込)
Book 年をとった鰐[Amazon]
TOKYO LOOP
  
山村浩二「Fig」より
オムニバス長編アニメーション「Tokyo Loop」
アニメーション映画の誕生から100 年。新世紀の扉を開く傑作オムニバス・アニメーションが誕生した。海外映画祭、美術展などで評価の高いアニメーション作家に加え、日本を代表する気鋭の美術家、漫画家、イラストレーターが参加、大都市「東京」からイメージした作品を競作。

TOKYO LOOP 35ミリ/75分/2006/日本 
音楽:山本精一/TOKYO STRUT 佐藤雅彦+植田美緒/トーキョー・トリップ 田名網敬一/釣り草 清家美佳/ゆきちゃん 大山慶/イヌトホネ しりあがり寿/公衆便女 束芋/トウキョウ 宇田敦子/BLACK FISH 相原信洋/アンバランス 伊藤高志/tokyo girl しまおまほ/声が出てきた人 和田淳/ニュアンス 村田朋泰/はしもと 古川タク/フンコロガシ 久里洋二/Fig(無花果) 山村浩二/12 O' Clock 岩井俊雄
■TOKYO LOOP 公式サイト:http://www.imageforum.co.jp/tokyoloop/
CD
DVD
TOKYO LOOP サウンドトラック[Amazon] TOKYO LOOP[ダゲレオ出版]

岩波ジュニア新書 「アニメーションの世界へようこそ」

06.06.20

 6月20日、山村浩二・著、岩波ジュニア新書 カラー版「アニメーションの世界へようこそ」が発売。図版も豊富で、中学生が対象年齢ですが、アニメーションの勉強を始める大学生、専門学生から大人まで十分見読みごたえのある本です。
アニメーションの世界へようこそ ジュニア新書 538
(発行:岩波書店/体裁=A6.並製・カバー182ページ/定価 税込み1,029円)
岩波書店HP 紹介ページ
アニメーションの世界へようこそ 岩波ジュニア新書[Amazon]


■DVD「頭山」山村浩二作品集 発売
 2006年7月21日、DVD-「頭山」山村浩二作品集-が、ジェネオン エンタテインメントより発売されます。価格も下がって、お買い求め安くなりました。
 旧DVDと新DVDを徹底比較してみました。それぞれだけに収録されている作品もあるので、ご確認ください。特典映像は、すべて入れ代わります。「パクシ」は新DVDには含まれませし、NHKのVHSも廃盤になっていますので、旧-ニュー・アニメーション・アニメーションシリーズ「山村浩二作品集」が、現在入手できる最後のソフトになります。旧-ニュー・アニメーション・アニメーションシリーズ「山村浩二作品集」は、2006年6月をもって、製造中止、各店舗の在庫のみの販売となります。
Old New!!
ニュー・アニメーション・アニメーションシリーズ
「山村浩二作品集」
「頭山」山村浩二作品集
定価:税抜5,800円  定価:税抜3,800円 
収録作品:
水 棲/ひゃっかずかん/遠近法の箱/カロとピヨブプト「おうち」/「サンドイッチ」/「あめのひ」/キッズキャッスル/キップリングJr./バベルの本/どっちにする?/頭 山
パクシ 5篇
未収録
未収録
おまけ
特典映像:
ミュージッククリップ 中村一義「ジュビリー」/スペースシャワーステーションID 2篇/Vibe ID/グランデコ2003年/anan等CM作品
未収録
未収録
SICAF2004 トレーラー「Nose」/Into Animation 4 トレーラー/メイキング・オブ・水棲/カロとピヨブプト 撮影風景/ワークショップ どっちにする?
NAAシリーズ山村浩二作品集[Amazonで購入]

「頭山」山村浩二作品集[Amazonで購入]
中学校美術の教科書に『どっちにする?』

07.08.20

平成18年度版中学校美術家教科書「美術1」(日本文教出版)に『どっちにする?』が掲載されています。
 関連記事>中学校の美術 アニメは必須単元になった[asahi.com]


AWN Showcase

06.02.23

世界のアニメーション情報サイトAnimation World Network(米)のアニメーション作家のアートワークを紹介するページ「AWN Showcase、Famous Animator Gallery」で山村浩二のコーナーができました。是非一度御覧下さい。
AWN Showcase
AWN Showcase > AWN Famous Animator Gallery Series
AWN Showcase > AWN Famous Animator Gallery Series > Koji Yamamura

フランスでDVD発売

05.09.12

フランスで山村浩二のDVD「Les Maitres de L'animation Japanaise KOJI YAMAMURA ses meilleurs courts-merages」が2005年9月に発売されました。「水棲」「頭山」「おまけ」他全12作品+東京とパリでのインタビューが収録されています。(発売元I.D.E./80分)

THE SPIRIT OF ?MILE COHL

08.05.20


"?MILE COHL's Alphabet"(Koji Yamamura 2008)
THE SPIRIT OF ?MILE COHL, 100 YEARS OF UNBRIDLED ANIMATION

今年はエミール・コール100年記念の展覧会が、アヌシー国際アニメーション映画祭開催にあわせ、城のミュージアムMus?e-Ch?teauで開催されます。

エミール・コールの展示に加えの精神を引き継ぐ後継者、Gil Alkabetz, Paul Driessen, George Griffin, Pierre H?bert, Christopher Hinton, Pavel Koutsky, Yoji Kuri, Regina Pessoa, Bill Plympton, Priit P?rn, Koji Yamamura...その一人に山村浩二が選ばれ、『頭山』の原画と、エミール・コールにオマージュを捧げるイラストを展示します。

会期:2008年6月1日~10月31日

The Spirit of ?mile Cohl
annecy


Mus?e-Ch?teau
EIZONEショーケース Animations

08.07.14

EIZONEショーケース Animations
ブースでの、3つのプログラム上映と原画の展示
■期 日: 2008年7月24日(木)~29日(火)
     11:00~20:00(最終日は18:00まで)
■会 場: 横浜赤レンガ倉庫1号館 2 F >アクセス
■入場料: 無料
■内 容:メンバーの代表作と海外のアニメーションの上映
 24(木)~28(月)       29(火)
 11:15- プログラム1     11:15- プログラム1
 13:00- プログラム2     12:30- プログラム3
 14:30- プログラム3     
 16:30- プログラム1
 18:00- プログラム2

プログラム1
Animations' Worksメンバーの作品集(計53分)
 Animationsロゴアニメーション(制作:山村浩二)
 山村浩二『頭山』(2002、10分)『こどもの形而上学』(2007、5分)
I
 荒井知恵『FRANK’S FEAST』(2005、2分)
A『Hurry!』(2002、15秒)
 大山慶『診察室』(2005、9分)
C『ゆきちゃん』(2006、5分)
 和田淳『鼻の日』(2005、10分)『そういう眼鏡』(2007、5分)
G
 中田彩郁『おばあちゃんの作業部屋』(2005、3分)『聞耳・第二幕「鏡」』(2007、3分)
E
プログラム2
Animations' Selection(計53分)
 特集「夢から醒める」(セレクト:土居伸彰)
>上映作品は、右を参照
プログラム3:DVD「年をとった鰐&山村浩二セレクト・アニメーション」から(計62分)
※上映作品は都合により変更になる可能性もあります。御了承ください。


Aniamtions公式サイト

EIZONEショーケースセッション Animations' Works, Animations' Selection
大きなスクリーンで、2つのプログラム上映とアニメーションズによるトーク
■日 時: 2008年7月29日(火)16:00~18:00
■会 場: 横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール(約150席 先着順)>アクセス
■入場料: 無料


■プログラム1 
Animations' Works
メンバーそれぞれの代表作に加え、本イベントをプレミア上映とする新作をそれぞれ一本、計10作品上映。
荒井知恵『FRANK’S FEAST』(2005、2分)A+新作『DREAMS』 (2008)B
大山慶『診察室』(2005、9分)
C+新作『放課後』 (2008)D
中田彩郁『聞耳・第二幕「鏡」』(2007、3分30秒)
E+新作『コルネリス』(2008)F
和田淳『そういう眼鏡』(2007、5分40秒)G+新作『春のしくみ』 (2008)H
山村浩二『こどもの形而上学』(2007、5分)
I+新作X?
■プログラム2 Animations' Selection
日本ではあまり知られていない優れた作品の特集上映。一定の視座から時代や国といった枠組みを超えて作品を紹介し、アニメーション表現の多彩な可能性を提示。
特集「夢から醒める」(セレクト:土居伸彰)
ライアン・ラーキン『ストリート・ミュージック』(1972、8分) J
ポール・ドリエセン『氷山を見た少年』(2000、9分)K
イワン・マクシーモフ『海岸を吹く風』(2004、6分) L
アンドレアス・ヒュカーデ『僕らは草原に住んでいた』(1995、17分) M
ベルナール・パラシオス『黄金の森の美女』(2001、13分) N
※上映作品は都合により変更になる可能性もあります。御了承ください。

OPEN TALK (オープントーク)

08.07.14



体験!体感!夏の映像祭!
「ヨコハマEIZONE 2008」
会期 2008年7月24日(木)~29日(火)
会場 横浜赤レンガ倉庫1号館を中心としたベイエリア
入場無料>ヨコハマEIZONE公式サイト
今年の4月に東京藝術大学 大学院映像研究科にアニメーション専攻が新設されました。横浜市の映像イベント「ヨコハマEIZONE 2008」にて、アニメーション専攻の4人の教授が、”今、いちばん会いたい人”と語る4時間のトークセッションを開催します。

■日 時:7月28日 14:00 - 18:00(13:30開場)
■会 場: 横浜赤レンガ倉庫1号館3Fホール(約150席 先着順)>アクセス
■入場料:無料 

【OPEN TALK 01】14:00-14:50
高畑 勲 × 山村 浩二「アニメーション表現の可能性」

【OPEN TALK 02】15:00-15:50
北原 照久 × 伊藤 有壱「アニメーションとキャラクターの夜明け」

【OPEN TALK 03】16:10-17:00
佐藤 雅彦 × 岡本 美津子「アニメーションの新しいフィールド」

【OPEN TALK 04】17:10-18:00
波多野 哲朗 × 出口丈人「アニメーションという映像」

問い合わせ先:東京藝術大学 大学院映像研究科 アニメーション専攻
TEL 045-227-6041 / FAX 045-227-6042
東京藝術大学 大学院映像研究科公式サイト

『カフカ 田舎医者』DVD発売記念。山村浩二監督 サイン会開催決定!

2008年5月30日(金)の『カフカ 田舎医者』DVD発売を記念し、5月31日(土)14時より、タワーレコード新宿店 10Fイベントスペースにてサイン会を開催します。サインはもちろん、当日サイン会参加者には『カフカ 田舎医者』オリジナルステッカーもプレゼント。

【参加方法】
●タワーレコード新宿店or渋谷店にて『カフカ 田舎医者』DVDをご予約/ご購入の方にサイン会参加券を差し上げます。
●参加券1枚につき1名様のサイン会参加、1回のサインとなります。サインをする対象は参加者ご希望のもの(色紙・DVD・著書等)となりますので、当日会場にご持参ください。
お問い合わせ先:タワーレコード新宿店 TEL:03-5360-7811

セミナー:アニメーション作家の「視点」…日本と世界 08.02.06
NPO法人 JAVCOM ・121セミナー
 コンテンツ大国を目指す日本
~アニメーション作家の「視点」…日本と世界~

 日時:2008年2月22日(金) 13:00~17:30(受付12:30~)
 会場: 富士フイルム(株) 西麻布本社1Fホール

“短編アニメーションが熱い!! 欧米では次世代才能発見のステージだ!”
 講師:古川タク(タックンボックス代表・アニメーション作家)
    伊藤有壱(アイトゥーン代表・アニメーション作家)
    山村浩二(ヤマムラアニメーション代表・アニメーション作家)
    伊藤裕美(オフィス・アッシュ代表・短編映画配給)

    詳細、お申し込みはこちらから。

文化庁メディア芸術祭 08.02.05
2月6日から17日まで文化庁メディア芸術祭受賞作品展が国立新美術館で開催されます。
入場無料
詳細はこちらから
文化庁メディア芸術プラザ(map)
『カフカ 田舎医者』のイメージ画と絵コンテを展示

「アニメーション部門受賞者シンポジウム」
2008年2月17日(日)13:30-15:00
司 会:鈴木 伸一 (アニメーション部門主査)
出 演:原 恵一 (大賞『河童のクゥと夏休み』)
    山村 浩二 (優秀賞『カフカ 田舎医者』)
    辻 真先 (功労賞/アニメ脚本家・ミステリ作家)

大同生命TVCM風と、雨と、光と

06.06.10

 大同生命企業イメージCM~“風と、雨と、光と”篇~のアニメーションを制作しました。イメージソングに柴咲コウさんの新曲。6月10日(土)より全国でオンエア開始
大同生命

上映、イベント カレンダー
July
7月25日
~9月18日
広島
広島市現代美術館
「頭山」「どっちにする?」他 可視幻想 山村浩二アニメーション+原画展
7月15日(土) 14:00-15:30
広島
広島市現代美術館
地下1階ミュージアム・スタジオ
講演会【アニメーションの世界へようこそ】  講師:山村浩二
 ※当日12時より整理券を配布(先着150名)。
7月25日
19:00~
名古屋
伏見ミリオン座
「頭山」「どっちにする?」他 山村浩二短編アニメーションの世界 ~セミナーと上映~
7月29,30日
東京
パルテノン多摩
「カロとピヨブプト」 夏のこども映画会
7月30日
東京
ユーロスペース
年をとった鰐 夏休み 親子で映画館遠足
ちいさなひとのえいががっこう
August
8月5日~ 東京
ユーロスペース
年をとった鰐 年をとった鰐&山村浩二セレクト・アニメーション モーニング&レイトショー
8月21日~27日 フランス
パリ
年をとった鰐 第5回シルエット短編映画祭
 国際コンペティション入選
8月24日~28日 広島
アステールホール
年をとった鰐 第11回広島国際アニメーションフェスティバル
 国際コンペティション入選
8月27日(日) 14:00-
広島
広島市現代美術館
展覧会会場内
「Fig」ほか トークと上映会【アニメーションの未来へ、山村浩二の注目する若手作家】
 講師:山村浩二、大山慶、和田淳、中田彩郁
 若手アニメーション作家の作品を上映し、山村浩二と共に語り合います。
 ※事前申込不要、要展覧会チケット。各日とも当日先着40名
September 9月20日~24日 イタリア
年をとった鰐 Morbegno Film Festival
 国際コンペティション入選
9月22日~24日 福島県
須賀川市
年をとった鰐 すかがわ国際短編映画祭
 招待上映
 山村浩二 アニメーション+原画展
特別展
可視幻想 山村浩二アニメーション+原画展
会期:2006年7月15日(土)~9月18日(月・祝)
会場:広島市現代美術館
開館時間:午前10時~午後5時(ただし7月と8月の土曜日は19:00まで開館)
     ※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(ただし祝休日にあたる場合は開館し、翌日休館)
観覧料:一般910(720)円、大学生680(540)円、小中高生450(360)円
    ※( )内は前売および30名以上の団体料金
主催:広島市現代美術館
後援:広島県、広島県教育委員会、広島市教育委員会


 初期のアニメーション作品や挿絵、絵本やポスターの原画をはじめ「頭山」をはじめとするアニメーションのアートワーク、最新作「年をとった鰐」、製作中の新作「田舎医者」のイメージ画、この秋公開予定の「Tokyo Loop」の為に作った「Fig(無花果)」の4分20秒分、2230枚全ての原画の展示も試みます。
1.講演会【アニメーションの世界へようこそ】
 7月15日(土) 14:00-15:30
 講師:山村浩二
 自作のアニメーションなどについて、わかりやすく語ります。
 会場:地下1階ミュージアム・スタジオ
 ※当日12時より整理券を配布(先着150名)。

2.シニア・プログラム【落語の「頭山」を聴く】
 7月16日(日)14:00-15:00
 落語家・桂雀雀「さくらんぼ」(頭山)のCDを鑑賞します。
 会場:地下1階ミュージアム・スタジオ
 ※事前申込不要。

3.ファミリー・プログラム【知られざるアニメーション-山村浩二が選ぶ世界のアニメーション】上映会
 
7月17日(月・祝) 14:00-15:00
 山村浩二セレクションによる、様々な国の短編アニメーションを上映します。
 会場:地下1階ミュージアム・スタジオ
 ※事前申込不要、当日先着150名
4.キッズ・プログラム【パラパラアニメーション塾】
 7月22日(土)、8月20日(日)14:00-15:00
 パラパラアニメーションを作る子ども向けのワークショップです。
 会場:展覧会会場内
 ※事前申込不要、要展覧会チケット。各日とも当日12時より受付開始、先着30名

5.レディース・プログラム【アニメーションで生き生き】
 7月23日(日) 14:00-15:30
 講師:木下小夜子(アニメーション作家/広島国際アニメーション・フェスティバル フェスティバル・ディレクター)
 国際的に活躍する女性の視点からアニメーションを語ります。
 会場:地下1階ミュージアム・スタジオ
 ※当日12時より整理券を配布(先着150名)。

6.ワークショップ【アニメーションの未来へ、山村浩二の注目する若手作家】トークと上映会
 8月27日(日) 14:00-
 講師:山村浩二、大山慶、和田淳、中田彩郁
 若手アニメーション作家の作品を上映し、山村浩二と共に語り合います。
 会場:展覧会会場内
 ※事前申込不要、要展覧会チケット。各日とも当日先着40名
■「アニメーションのルーツ展」~ヤマムラアニメーション博物館より~
2006年7月28日(金)~8月27日(日)
◆開催場所 広島県民文化センター2階 文化情報コーナー
◆開館時間 午前10時~午後6時
◆入 場 料 無 料
◆主  催 財団法人 広島文化振興財団
>>詳細(pdf)


BOOK「ヤマムラアニメーション図鑑 改訂版」

演劇ぶっく社から『ヤマムラアニメーション図鑑』の最新版が登場!
「ヤマムラアニメーション図鑑 改訂版」発売中。定価1,500円(税抜き)
世界の映画祭も絶賛!アニメーション作家・山村浩二のクリエイティブをパッケージ。
最新作も網羅した[改訂版]となっいる。
・『頭山』のメイキングプロセス/初期作品からCM、『頭山』、最新作まで全フィルモグラフィ /アイデアの源流を探る〜絵コンテ・スケッチ集/山村セレクト&解説[世界のアニメーション作家/山村浩二、ロングインタビュービュー/古川タク、高野文子……各界からの山村浩二論/ヤマムラワールド解析テキスト /オマケ[原画からつくったパラパラマンガ]……etc.
■Book ヤマムラアニメーション図鑑[Amazon]

「しきしきむらのはる・なつ・あき・ふゆ」発売中

05.10.04

Boxセット 「しきしきむらのはる」 「しきしきむらのなつ」 「しきしきむらのあき」 「しきしきむらのふゆ」
「しきしきむらのはる・なつ・あき・ふゆ」全4巻 発売中
 木坂涼・文 山村浩二・絵/岩波書店/定価税込み945円/セット定価3,780円
「しきしきむらのはる」「しきしきむらのなつ」4月26日同時発売
「しきしきむらのあき」「しきしきむらのふゆ」10月5日同時発売
 
Boxセットもあります。先に「はる」、「なつ」お買い求めの方で、ケースが欲しい場合は、編集部まで連絡すると送ってくれるそうです。
■Book しきしきむらのはる[Amazon] ■Book しきしきむらのなつ[Amazon]
■Book しきしきむらのあき[Amazon] ■Book しきしきむらのふゆ[Amazon]

大同生命の企業CM

05.06.07

「進み続ける人の生き方」をテーマに、大同生命が新企業CMを制作。
Dear Presidents (ディア プレジデンツ)」篇 ~経営者のあなたへ~
演出、アニメーションは山村浩二、音楽は平井堅による作詞・作曲の書き下ろし未発表曲。
2005年6月4日(土)より全国一斉オンエア。
大同生命ホームページ上でも6月6日(月)より、ストリーミング配信を開始。
(大同生命ホームページ:http://www.daido-life.co.jp/

News Stock

上映、イベント
March
3月2日~6日 スペイン
レリダ
年をとった鰐 国際アニメーション映画祭アニマック2006
 招待上映
3月4日~14日 フランス
レンヌ
年をとった鰐 L' Elephant d' (festival Travelling Junior)
 国際コンペティション入選
3月17日-19日 飛騨・世界生活文化センター 年をとった鰐 飛騨国際メルヘンアニメーション映像祭
 最優秀作品賞受賞/特集上映
3月20日
19:00-22:30
原宿アストロホール
-
「国際アートアニメーションインデックス」上映+トークイベント
3月30日~4月5日 アメリカ
フィラデルフィア
年をとった鰐 フィラデルフィア国際映画祭
 国際コンペティション入選
April
4月5日~26日 ラトビア
リガ
年をとった鰐 Festival BIMINI
 国際コンペティション入選
4月16日 アメリカ
ボストン
年をとった鰐 Museum of Fine Arts, Boston
 招待上映
4月18日~23日 ドイツ
ドレスデン
年をとった鰐 ドレスデン国際短編映画祭
 国際コンペティション入選
4月27日~5月2日 ドイツ
シュトゥットガルト
年をとった鰐 第13回シュトゥットガルト・トリックフィルム国際映画祭
 パノラマ入選
4月28日~5月6日 ハンガリー
ジェール
年をとった鰐 Media Wave
 国際コンペティション入選
4月29日 アメリカ
マイアミ
年をとった鰐」他 The World of Yamamura Animation in ハーバード大学
 回顧上映
4月29日、30日
5月3~7日
東京
青山こどもの城
「キッズキャッスル」他 アニメフェスタ2006
4階Bスタジオにて
4月29日~5月8日 ベルギー
ブリュッセル
年をとった鰐 ブリュッセル短編映画祭
 国際コンペティション入選
May
5月4日~10日 チェコ
トシェボンヌ
年をとった鰐 アニフェスト2006 トシェボンヌ
 国際コンペティション入選
5月26日~30日 スロバキア
リュブリャナ
年をとった鰐 イソラ映画祭
 招待上映
June
6月9日 フランス
ナント
回顧上映 ナント三大陸映画祭
 招待上映
6月12日~17日 クロアチア
ザグレブ
ザグレブ国際アニメーション映画祭
 名誉会長/国際コンペティション入選/特集上映
6月13日~18日 フランス
ラ・ブールブール+ル・モン・ドール
年をとった鰐 第4回サンシー児童映画祭
 国際コンペティション入選
6月22日~7月1日 アメリカ
ロサンジェルス
回顧上映 REDCAT国際児童映画祭
 REDCAT (Roy and Edna Disney Calarts Theatre)
6月23日~7月1日 スロバキア
ブラチスラヴァ
年をとった鰐 スロバキア・アート・フィルム・フェスティバル
 国際コンペティション入選
July
August
8月21日~27日 フランス
パリ
年をとった鰐 第5回シルエット短編映画祭
 国際コンペティション入選
8月24日~28日 日本
広島
年をとった鰐 第11回広島国際アニメーションフェスティバル
 国際コンペティション入選
September 9月20日~24日 イタリア
年をとった鰐 Morbegno Film Festival
 国際コンペティション入選
9月22日~24日 福島県
須賀川市
年をとった鰐 すかがわ国際短編映画祭
 招待上映
「年をとった鰐」飛騨国際メルヘンアニメーション映像祭でグランプリ受賞

06.02.16

The Old Crocodile(年をとった鰐)」が飛騨国際メルヘンアニメーション映像祭で最優秀作品賞受賞(グランプリ)を受賞しました。
第4回飛騨国際メルヘンアニメーション映像祭 3月17日-19日
 山村浩二特集上映 3月18日 14:30-
 上映作品:「頭山」「どっちにする?」ほか
 会場:飛騨・世界生活文化センター

フランスで回顧展

06.01.09

フランス、オーヴェル=シュル=オワーズで1月31日から3月4日かで開催される「Festival Image par image」で回顧プログラム、子ども向けプログラムを上映。ポスターのイラストも描きました。ゲスト参加も予定しています。

三鷹の森アニメフェスタ2006

06.01.16

三鷹の森アニメフェスタ2006」【第一部】音楽とアニメーションで「キッズキャッスル」が上映されます。入場無料。
日時:2月25日~26日 午前11時~午後1時(予定)
会場:三鷹市芸術文化センター 星のホール

「頭山」ポーランドで銀賞受賞

05.12.16

頭山」が12月、ポーランドで開催されたETIUDA&ANIMA 2005で、銀賞(Silver Jaberrwocky)を受賞しました。

「+act」

05.10.05

季刊誌+act Vol.6」2005 Autumn (ワニブックス 10.5発売)
巻末特集「徹底取材!今最も新しいヤマムラアニメーション&注目の作家15人」で6ページヤマムラアニメーションの紹介が掲載されています。「年をとった鰐」のメーキングも有ます。
■+act Vol.6[Amazon]

日曜スタジオパーク

06.01.24

日曜スタジオパーク「いのちを吹き込むアニメーションマジック」のゲストとして生出演します。
NHK総合 1月29日 午前11時〜11時30分

「年をとった鰐」文化庁メディア芸術祭で優秀賞受賞

05.12.16

The Old Crocodile」(年をとった鰐)が平成17年度[第9回]文化庁メディア芸術祭(アニメーション部門)で、優秀賞を受賞しました。

「年をとった鰐」フランスで最優秀脚本賞受賞

05.11.23

The Old Crocodile」(年をとった鰐)が11月、フランスで開催された第6回ヴィッセンブール・アニメーション映画祭で、最優秀句脚本賞(Award for best screenplay)を受賞しました。

「年をとった鰐」ポルトガルで部門B最優秀賞受賞

05.11.16

The Old Crocodile」(年をとった鰐)が11月、ポルトガルで開催されたシナニマ2005で、部門B最優秀賞(the Prize for the Best Film in Category B;7分から21分までの上映時間の作品部門)を受賞しました。

「年をとった鰐」リトアニアでグランプリ受賞

05.11.04

The Old Crocodile」(年をとった鰐)が10月、リトアニアで開催された第3回ビリニュス国際アニメーション映画祭-Tindirindisで、グランプリ(The Best International Animation Film)を受賞しました。

Like a Bird-最終回

05.08.09

山村浩二が初のコミックに挑戦。あの『カロとピヨブプト』の続編を「家庭画報International」4号(夏) (2004年 6月1日) よりオールカラー3ページ、季刊連載開始。タイトルは『Like a Bird』。
次号
第6回は「家庭画報International」9号(秋) オールカラー2ページ、最終回です。
■KATEIGAHOU INTERNATIONAL[Amazon]

Yamamura Animation Museum in "愛・地球博"

05.10.20


沢山の御来場、ありがとうございました。
185日を通じて『愛・地球博』の入場者数約2,204万人、『わんパク宝島』が約265万人でした。

「ヤマムラアニメーション博物館」御来場の御感想など、こちらのブログにどうぞ。→
<「ヤマムラアニメーション博物館」のページはここ

10月28日は「国際アニメーション・デー」

05.08.20

10月28日は、フランスのエミール・レイノーが、1892年、パリのグレヴァン博物館にて、自ら発明したテアトル・オプティックを用いて、世界で初めてアニメーションを一般公開した日。国際アニメーションフィルム協会(ASIFA)は、アニメーションアートの普及と発展を目的として、この記念すべき10月28日を“国際アニメーション・デー”と定め、2004年から、各国のASIFA支部を中心に、毎年10月28日およびその前後、世界中で同時にアニメーションの催しを行なう企画を展開しています。
国際アニメーション・デー2005 のポスターは、今年はポール・ドリエセンによって描かれ、世界各国で使用されます。
日本でもASIFA日本支部 (ASIFA-JAPAN)が主体となって、京都と広島に於いて「国際アニメーション・デー2005」を開催します。詳しくはこちらのホームページを御覧下さい。
国際アニメーション・デー

文化庁メディア芸術プラザ「artribute」

05.08.11

「artribute」は、文化庁メディア芸術祭の受賞アーティストたちが、日本の伝統的な芸術をテーマに、 オリジナル作品を発表する、ネット上の企画展。
今年度のテーマは、「文様」。今年度の初回を山村浩二が担当。
文化庁メディア芸術プラザ「artribute」のホームページで作品が見れる。
artribute

くだもの だもの

04.06.25

(こどものとも年少版 2004年8月号)
くだもの だもの 石津ちひろ 文 山村浩二 絵
「かいすいよくには いかない スイカ」「キウイ うきうき うきわで およぐ」など、幼い子も真似て口ずさめるリズミカルで楽しい言葉が満載。真夏の海水浴場でくり広げられる、果物たちのさまざまな様子を、愉快な言葉とユーモラスな絵で描きます。
発行:福音館書店 定価380円(本体価格362円)ページ数:24頁 サイズ:21X20cm 初版年月日:2004年08月01日●対象年齢 2才から4才向き

■連句アニメーション「冬の日」

03.12.26

「けふは妹の眉描きに行き 綾ひとへ居湯に志賀の花濾して」杜国/山村浩二
連句アニメーション「冬の日」+「冬の日の詩人たち」
 2003/35mm/ドルビーデジタル/105分
 企画・監督:川本喜八郎
 制作:(株)IMAGICAエンタテインメント・(株)電通テック
世界屈指のアニメーション作家35人のコラボレーションによる空前絶後の超大作!
公式HP:http://www.fuyunohi.com
アニメーション部門 大賞:第7回文化庁メディア芸術祭
ジャンル賞:芸術賞受賞:第18回デジタルコンテンツグランプリ
DVD、公式ガイドブック発売中

The Animation Show

04.11.11

ここ↓で『頭山』を含む短編アニメーションのDVD(米)と山村浩二デザインのTシャツが手に入ります。
http://www.animationshow.com/

Book: Animation Art

04.11.17

イギリスで出版されたアニメーションの歴史書ANIMATION ART(Flame Tree Publishing)に「頭山」が紹介されています。
Amazon Jpanan: http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1844511405/qid=1100650175/sr=1-4/ref=sr_1_10_4/249-2195288-4787503

キネマ旬報 文化映画ベスト・テン第10位

05.02.09

「頭山」が、2004年度キネマ旬報文化映画ベスト・テン第10位に選ばれました。

NHKハート展

04.08.05

第9回NHKハート展』に出品しています。
静岡展: 2004年10月9日(土)~10月24日(日)
スタジオパーク展: 2004年11月23日(火・祝)~12月1日(水)
長野展: 2005年2月25日(金)~3月6日(日)
※その他、各地を巡回する予定。
詳しくはNHKハート展HPでご確認下さい。
http://www.nhk.or.jp/heart/

おおきなポケット1月号「アニメーションであそぼう!」

02.11.15.up

 「アニメーションであそぼう!」作・山村浩二

おおきなポケット2003年1月号「アニメーションであそぼう!」(定価770円/福音館書店)が、全国書店にて発売中。
本誌の半分33ページにわって、アニメーションの書き方、フリップ・ブックの作り方を紹介したアニメーション入門絵本。切り抜いて作るフリップ・ブック、驚き盤のおまけ付き。
Web上で、本分中に紹介している参考用のアニメーションのクリップが見られます。ここか表紙の写真をクリック。

TBS「情熱大陸」に出演

03.05.01.up

5月4日(日)23時から放送のTBSテレビ「情熱大陸」に出演します。
2/11にアカデミ-賞のノミネートが決まってから、賞当日、帰国後つい最近までの活動の様子が記録されています。
http://mbs.jp/jyonetsu/index2.html

ユーロ・アニメーション 02.07.11.up
フィルムアート社「ユーロ・アニメーション 光と影のディープ・ファンタジー」(昼間行雄+権藤俊司+編集部編 2,000円)が発売。アート・アニメーションの歴史と"深い"鑑賞術を紹介しています。私も「ユーリ・ノルシュテイン」の項の執筆と座談会「21世紀のアニメーションのために」に参加しています。

■「WE LOVE MUSIC」がBDAで銀賞受賞

02.07.18.up


「WE LOVE MUSIC」ヘッドホーン篇、食事篇スペースシャワーTV ステーションID 2001)
2002年6月26-29日にアメリカ、ロサンゼルスでひらかれたPROMAX&BDA2002のNon-News, In-House ID 部門でスペースシャワーTVのステーションID「WE LOVE MUSIC」(演出、アニメーション:山村浩二)が、銀賞(Silver)を受賞しました。

「ファンタスティックアニメーション メイキングガイド」発売

01.06.08.up

「ファンタスティックアニメーション メイキングガイド」
編著:昼間行雄/発行:ソフトマジック/本 +CDrom/2,800円+税)
 個人でアニメーションを作るためのノウハウ満載。山村浩二、保田克史、黒坂圭太、石田卓也、IKIF、etc......アニメーション作家の制作現場の取材、アニメーションの材料からハードウエア、ソフトウエアの紹介、プロダクションの流れまで。こんな本がほしかった! アニメーション・クリエーター必見。
発売書店、取扱い等のお問合せ:(株)ソフトマジック 営業部03-3478-6350

■アニメーション・ワールド・ネットワーク
アニメーション・ワールド・ネットークオンラインマガジン12月号に黒坂圭太さんと山村浩二の記事が掲載されています。
アニメーションワールドネットークは、アメリカの「アニメーションマガジン」を出版してる会社が運営しているホームページです。(アニメーション情報がとても充実しています。)
http://www.awn.com/mag/issue4.09/4.09pages/huindependence.php3
「どっちにする?」のダイジェスト版クイック・タイムムービーもここで見られます。
英語ですけど、よかったら、ちょっと見てみてください。
レポートはシンガポールのアニメーション研究家、ジジ・フーによるものです。

「どっちにする?」が中学校の美術の参考書に掲載

01.04.05.up

「どっちにする?」
 中学校の授業で使用する参考書「美術資料」(発行:秀学社)のビデオやアニメーションを取り上げたページに「どっちにする?」の画像が掲載されています。

■中学校の教科書に山村浩二作品が掲載

00.03.23.up

「あめのひ」
平成14年(2002年)度版中学校「美術2・3下」(3年生用、発行・日本文教出版株式会社)に
「カロとピヨブプト」のシリーズより「あめのひ」の図版が掲載されています。

「ヤン・シュヴァンクマイエル」

01.10.10.up

先月最新長篇映画「オテサーネク」公開で来日したチェコの鬼才ヤン・シュヴァンクマイエル氏にインタビューをしました。月刊「アニメージュ」11月号に掲載されます。御覧ください。

ネットのカリスマ1000人に選ばれました

01.10.10.up

別冊DIMEウェブギャラリー ベストクリエーター&ベストコンテンツ1000(小学館)にネットのカリスマ1000人として厳選収録されました。10月4日発売。

RETAS! PRO Infinity

01.10.10.up

「RETAS! PRO」のテクニカルバイブ「RETAS! PRO Infinity」(岡野国治・海鋒重信・桑 良人・古賀太郎・小和田良博 共著/ソフトバンクパブリッシング/本 +CDrom)のGalleryで「どっちにする?」が紹介されています。
RETAS! PROはLITE版も発売され、プロからアマチュアまで手軽に2Dアニメーションが制作できるソフトです。

「手ぶくろを買いに」

01.10.10.up

新見南吉記念館の映像のために「手ぶくろ買いに」のイラストレーションを作画しました。
(企画:新見南吉記念館/語り:高木均/構成・演出:影山宣明/制作:NHK中部ブレーンズ、ヒューマンフライト)

「あさごはんマーチ」

01.10.10.up

 

「おかあさんといっしょ」10月のうた 10月1日~10月31日まで放送中
NHK教育 (月)~(金) 8::16:21~
NHKハイビジョン (月)~(金) 10:00~

「続エンデの遺言」

01.10.10.up

 

ウイークエンドスペシャル「通貨・未来への胎動・続エンデの遺言」(NHK衛星第1 BS7 デジタル1)
10月19日(金)22:00~22:50「地域通貨が世界を変え始めた」
10月20日(土)22:00~22:50「"未来バンク"登場」
お金の機能を説明するアニメーションを担当。

■「金曜アニメ館」に山村浩二出演

01.02.13.up

「金曜アニメ館」NHK BS2
2001年 2月23日(金)夕方6時30分~6時55分
粘土とマルチ台を使ったアニメーションの公開ワークショップの模様を放送します。司会、ふかわりょう。紹介VTRで「頭山」の映像も少し流れます。

マニアッタク!

00.12.25.up

いよいよデジタル放送が始まりました。そのTBS系のデジタル放送 "BS-i"で、放送される番組『マニアッタク!』で取材協力をしました。アニメーション作家へのインタビューです。
  ◇2000年12月21日(木)深夜0時から1時まで、
   マーズアタックの火星人の人形をつくり、「サンドマン」で広島のグランプリを受賞した
   『マキノン&ソーンダース』
  ◇2001年1月11日(木)深夜0時から1時まで、
   2000年の夏、来日の協力もしたカナダ国立映画制作庁(NFB)のディレクター、
   立体アニメーション作家の『コ・ホードマン』
受信できる人はぜひ御覧ください。

CG&アニメーション フィルムフェスティバルで審査員

00.12.02.up

ユナイテッド・シネマ主催の『CG&アニメーション フィルムフェスティバル』で山村浩二が審査員をします。

ユナイテッド・シネマ(株)では、21世紀のデジタル時代を担う映像クリエーター、アーティスト及びキャラクター・コンテンツの発掘・育成を目的としたフェスティバルを開催致します。

募集受付は既に開始しており、来年2月20日まで応募を受付けております。オリジナル・ストーリー部門をはじめ、原作映像化部門、オリジナル・キャラクター部門、そしてホームページ等で使用されておりますFLASHを使用したアニメーション部門を設けており、幅広いクリエーター、アーティストの応募を期待しております。

ユニークな審査方法として、オリジナル・ストーリー部門と原作映像化部門の2部門は、予備審査・通過作品(各5作品計10作品)を各劇場のロビーにてモニター審査、及び35mmのフィルム変換をしての劇場審査を実施し、一般の方々からの投票も受付けます。

そして最終選考にて、各著名人(松本零士氏、中島信也氏、樋口真嗣氏、草原真智子氏、藤原 功氏、山村浩二氏等)を審査員としてグランプリを決定し、2001年5月9日(水)にル・テアトル銀座にて授賞式を行います。

 主催: ユナイテッド・シネマ CG&アニメーション フィルムフェスティバル実行委員会
 協賛: コカ・コーラ ボトラーズ、キャラクター・アンドアニメ・ドット・コム
 協力: 日本ビクター株式会社、Macromedia、Mdn.WinGraphic、各種専門学校
 後援: 日本アニメーション協会、住友商事株式会社、株式会社角川書店

   お問い合わせ:
   (株)メディアボックス内
   ユナイテッド・シネマ CG&アニメーション フィルムフェスティバル事務局
   〒104-0031 東京都中央区京橋2-17-9
   TEL:03-3564-0405 http://www.uc-caff.com

オランダアニメーション映画祭で受賞

00.11.28.up

オランダアニメーション映画祭VibeステーションIDの
「Suitman:Wens」篇が、Guilty Pleasures-Mikhail Aldashin賞を、
「Jubilee」がGuilty Pleasures-Marc Glassman賞を受賞しました。

■ロンドン国際広告祭

00.10.11.up

「anan 30th」
マガジンハウス「anan 30th」「POPEYE」の15秒CMがロンドン国際広告祭のファイナリストに選ばれました。

■Ultragraphics

00.09.20.up

「Ultragraphics」2000 : VOL.2 10(発行・アスキー)の「ジャパンストリーミング配信プロジェクト-PICK UP! Cool Streaming Web Site」で5つほどお勧めサイトを紹介しています。

■コマーシャル・フォト

00.09.14.up

「コマーシャル・フォト」2000 10月号 No.447(発行・玄光社)の特集「映像のデザイン ANIMATION」に2ページ、インタビューが掲載されています。

■インタビューon website

00.08.21.up

美里町立図書室のホームページで「バベルの本」についてインタビューに答えています。
http://www.town.misato.wakayama.jp/tosyo/intro.html

■インタビュー on website

00.06.09.up

Bit Pranksのはがきやさんのホームページ、「のんちゃんの突撃インタビュー!」の第9回のゲストで山村浩二のインタビューが掲載されています。ご覧ください
http://www.bitpranks.com/hagakiya/int_ky.htm

■アジアパシフィック広告祭で銅賞受賞

00.04.21.up

宝島社「黒丸」がアジアパシフィック広告祭の銅賞を受賞しました。博報堂河野さんの「黒丸」スタッフ紹介記事がDesignEXchange→デックスジャーナル→CM深樹海のコーナーに載っています。ご覧ください。

■金曜アニメ館

00.03.17.up

「金曜アニメ館」2000年3月31日金曜日よりスタート!
NHK BS2にて
毎週金曜夕方6時30分~6時55分放送
いまや子供のためのソフトという枠を超え、ひとつの文化として定着しつつある「アニメーション」に関する情報を、楽しく分かり易く伝えていく番組。
初回3月31日放送分、司会・ふかわりょう、ゲストには「おじゃる丸」の大地丙太郎監督。
山村浩二のミニ特集があります。「頭山」の未完成映像も流れます。

■TOKION

00.01.25.up

「TOKION No.16」(発行・レゾナンス出版)の中の「ニュー特集VOL.05:映像」で、山村浩二を紹介する記事が掲載されています。

■3Dグラフィックス

00.01.18.up

月刊誌「3DグラフィックスVol.2」(発行・アスキー)に東京都写真美術館の「日本の人形アニメーション展」の記事と共に、山村浩二のインタビューが1ページ掲載されています。御覧ください。

■ピクトアップ
「ジュビリー」
映像・POPマガジン「ピクトアップ」1号(99.10.25発売、隔月刊誌、定価500円、演劇ぶっく社)で『特集・山村浩二の世界』が掲載されます。中村一義「ジュビリー」のPVの話しが中心です。


Top to this page Top to this HP