Yamamura Animation Au Praxinoscope
Front

山村浩二 右目と左目でみる夢

怪物学抄


facebook
teitter



このエントリーをはてなブックマークに追加





"Parade" de Satie
(c) 2016 Yamamura Animation
"Parade" de Satie

Parade de Satie

Parade de Satie

Parade de Satie



Original music for animation
With Strings Attached
"With Strings Attached"
Willem Breuker Kollektief (1991/2003 BVHAAST)
>BVHAAST store >amazon.co.jp >amazon.fr >amazon.com >amazon.co.uk >amazon.de >amazone.it >amazon.es
Original title: "Parade" de Satie
English: Satie's "Parade"
Spanish: "Parade" de Satie
2016 / 14 minutes 12 seconds/ short animation / French, English, Japanese; Subtitles; English, Spanish, Chinese
A Parade for three managers and four performers. French composer Erik Satie (1866-1925) created the ballet music piece "Parade" in 1916, at the age of 50, and it was first performed in 1917, with Jean Cocteau and Pablo Picasso taking part to its creation on the scene. The ballet was introduced by the poet Guillaume Apollinaire, who described it by using the term “surrealism” for the very first time. Mixing quotes from Satie’s essays with the music performed by a Dutch jazz band, the Willem Breuker Kollektief, this film is an animated re-creation of “realist ballet” images going beyond reality.
It is coming in 2016 that 150th anniversary Erik Satie and 100th anniversary "Parade".

Musique et texte / Music & text: Erik Satie
Musique interprétée par / Music performed by Willem Breuker Kollektief
Arrangements / Arranged by Willem Breuker
Réalisé et animé par / Directed & animated by Koji Yamamura
Remerciements / Special thanks: Arjen Gorter, Ornella Volta, Catherine Verhelst, Hervé Tougeron, Tokyo University of the Arts
Assistant Sanae Yamamura
Translation: Ilan Nguyên, Spanish translation: Nicolás Guarín, Chinese translation: Yantong Zhu
Production: Yamamura Animation
Distribution: Au Praxinoscope

Erik Satie (1866-1925) > Wiki
Willem Breuker (1944-2010) > BVHAAST
Koji Yamamura >Yamamura Animation

サティの「パラード」
2016/14分12秒/短編アニメーション/フランス語版、英語版、日本語版(字幕:英語、スペイン語、中国語)
 フランスの作曲家エリック・サティが50歳のときに作曲に着手した「パラード」は、詩人アポリネールがはじめて「シュルレアリズム」という言葉で紹介したバレエ音楽。1917年に初演されたバレエは、サーカステントの前で3人のマネージャーと4人の演者が客寄せをするという設定が柱となって演じられた。
 100年前のこの舞台を、サティのエッセイからのテキストと共に、ウィレム・ブロイカー楽団の演奏にあわせ、超現実的バレエ映像としてアニメーションでの再現を試みた。
 オリジナルのバレエに登場する人物たちの他、このバレエを創作したジャン・コクトー、パブロ・ピカソ、エリック・サティも登場し、サティ作品の風変わりなタイトルや、サティが音楽を担当し出演もした、ルネ・クレール監督の映画「幕間」、サティと交流の深かったマン・レイ、ピカビアなどの美術からの引用も散りばめられている。
 サティ生誕150年、「パラード」作曲100年を記念して、2016年に完成。

音楽・文章 エリック・サティ
演奏 ウィレム・ブロイカー楽団
編曲 ウィレム・ブロイカー
監督・アニメーション 山村浩二
協力 アリェン・ゴルター、オルネラ・ヴォルタ, Catherine Verhelst, Hervé Tougeron, 東京藝術大学
助手 山村早苗
翻訳 イラン・グェン、スペイン語翻訳 ニコラス・グアリン、中国語翻訳 朱彦潼
製作 ヤマムラアニメーション
配給 オープラクシノスコープ

エリック・サティ (1866-1925) >Wiki
ウィレム・ブロイカー (1944-2010) >BVHAAST
山村浩二 >Yamamura Animation