Card image cap
幾多の北
| 長編アニメーション映画 | 2021.08.04 | 64分 | 日本・仏 |
脚本・編集・監督:山村浩二、音楽:ウィレム ブロイカー、サウンドデザイン・リレコミキサー:笠松広司、製作:ヤマムラアニメーション、MIYUプロダクション
北はどこの北も淋しい 此処はどこも北なのだ これから話すのは、私が北で出会った人々の記録だ ただ記憶は断片的で、まったく要領を得ない 今はこれが徒労ではないかと焦り始めている 胸の鈍い痛みが 少しずつ形を変えては 時折世界の実存を認識させられる
最優秀国際短編アニメーション賞:北ロンドンアニメーション映画祭
Card image cap
名付けようのない踊り
| 長編ドキュメンタリー映画 | 2020 | 日本 | 1時間54分 | 4K, HD, 35mm | 16:9, ビスタ | 公式サイト | Amazon prime(レンタル) |
出演:田中泯、石原淋、中村達也、大友良英、ライコー・フェリックス、松岡正剛
エグゼクティブ・プロデューサー:犬童一心、犬童みのり
プロデューサー:江川 智
アニメーション・アートワーク:山村浩二
音楽:上野耕路
音響監督:ZAKYUMIKO
音楽プロデューサー:安井 輝
撮影:清久素延、池内義浩、池田直矢
編集:山田佑介
脚本・監督:犬童一心
製作:天鼓
公式セレクション:第26回釜山国際映画祭、韓国、2021.10
第36回東京国際映画祭、日本、2021.10
Card image cap
トーキョー・ループ
| オムニバス長編アニメーション映画 | 2006 | 日本 | 75分 |
音楽:山本精一、サウンドデザイン:笠松広司
製作:イメージフォーラム、監修:古川タク
監督:佐藤雅彦+植田美緒、田名網敬一、清家美佳、大山慶、しりあがり寿、束芋、宇田敦子、相原信洋、伊藤高志、しまおまほ、和田淳、村田朋泰、古川タク、久里洋二、山村浩二、岩井俊雄の16人の作家によるオムニバス。
山村浩二の担当パート: 無花果
Card image cap
連句アニメーション「冬の日」
| オムニバス長編アニメーション映画 | 2003 | 日本 | 105分 |
企画・監督:川本喜八郎
声:芭蕉:三谷昇、野水:岸田今日子、荷兮:柏木隆太、杜国:佐々木睦、重五:吉見一豊、正平:渡辺穣
制作:IMAGICAエンタテインメント、電通テック
参加監督(登場順):ユーリー・ノルシュテイン、川本喜八郎、大井文雄、野村辰寿、鈴木伸一、福島治、石田卓也、ラウル・セルヴェ、守田法子、島村達雄、奥山玲子、小田部羊一、アレキサンドル・ペトロフ、米正万也、久里洋二、うるまでるび、林静一、一色あづる、ブシェチスラフ・ポヤール、保田克史、片山雅博、マーク・ベイカー、伊藤有壱、黒坂圭太、横須賀令子、浅野優子、IKIF、王柏栄、高畑勲、ひこねのりお、森まさあき、古川タク、コ・ホードマン、ジャック・ドゥルーアン、湯崎夫沙子、山村浩二
川本喜八郎が企画・監督を行い、松尾芭蕉の芭蕉七部集の一『冬の日』を題材にした35人のアニメーション作家による「連句アニメーション」である。製作過程を追い、各アニメーション作家が担当した句をどう解釈したかを追った長編ドキュメンタリー『冬の日の詩人たち』も製作され併映された。
平成15年度文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞
Card image cap
伝説のワニ ジェイク
| 長編映画 | 2002 | 日本 | 77分 |
監督・脚色:犬童一心、プロデューサー:久保田修、原作:シャノン・K・イヌヤマ、原作翻訳:犬童一心 、山草鶉子、アニメーション::山村浩二、音響設定:北里玲二、音楽:coba
出演者:村上淳、市川実日子、塚本晋也、寺島進、星野真里、酒井美紀、片岡礼子、大杉漣、伊藤淳史、白井晃、大竹しのぶ、加藤武、野田秀樹、段田安則、石塚英彦、麻生久美子、松尾スズキ、高橋恵子、仲谷昇、柴咲コウ、田辺誠一、安達祐実、岸田今日子、香川拓海、片瀬ほのか、新井佑彌、安田昌平、土崎雅也、吉田能里子
世界各国で目撃されている不思議なワニ“ジェイク”の存在に興味をもったイヌヤマ。彼は“ジェイク”を目撃したという、年齢も国籍も目撃状況も異なるさまざまな人々の証言を聞きながら、世界中を駆け巡り続ける。


ヤマムラアニメーション
Tokyo, Japan
info@yamamura-animation.jp
山村浩二
koji@yamamura-animation.jp
sanae
sanae@yamamura-animation.jp